げんたの外遊び週報

外遊び(低山ハイク・キャンプ・ドライブ 他)や車いじりを中心に紹介していきます。

2017/12/10 愛知・猿投山(「猿投山で逢いましょう」参加)

teppanさんに誘われて「猿投山で逢いましょう」ヤマレコオフ会に参加してきました。
遠足前の小学生じゃないですが、前日の夜、まともに寝られませんでした。果たして
どうなることやら。2017年23山目です。

・田原出発が5:30。今日は日曜日なので、自動車関連企業もお休み。渋滞もありませんでした。

IMG_9534_th.jpg
7:27 本日お邪魔する、猿投山が見えてきました。8ヶ月振りになります。イイ天気だ!

IMG_9535_th.jpg
7:45 こんなに早く到着したのに、登山者用Pはすでに満車!チョット上がった所に駐車。

IMG_9537_th.jpg
7:47 トロミル水車通過。水量が豊富でガンガン回ってました。それにしても寒い〜!

IMG_9539_th.jpg
7:55 お倉岩通過。こんな早い時間なのに、結構下りてくる人がいるという衝撃。

IMG_9540_th.jpg
7:57 御門杉通過。いよいよ階段地獄が...。普門寺での件があるんで、スローペースで行きます。

IMG_9541_th.jpg
8:22 寒いとは言っても汗だくに。ココでジャンパーを脱いで体温調整。

IMG_9542_th.jpg
8:31 大岩展望台到着。天気・日当たり共に良好、暖かい!

IMG_9543_th.jpg
8:38 猿投神社・東の宮の参道がココから始まります。

IMG_9544_th.jpg
8:42 猿投山を歩いていると、鈴の音やラジオを鳴らして歩く人が多いのは、この為です。

IMG_9545_th.jpg
8:47 すれ違いが無くなると、静寂に包まれる。

IMG_9546_th.jpg
8:59 東の宮通過です。

IMG_9547_th.jpg
9:03 東の宮の裏山に、猿投山最高地点が。

IMG_9548_th.jpg
9:27 カエル石通過。定期的に目と口を書いている人がいるみたいです。

IMG_9549_th.jpg
9:27 正に悲痛な叫びです。

IMG_9551_th.jpg
9:31 とある展望地からの眺め。遠くに雪山が見えてます。

IMG_9552_th.jpg
9:49 山頂の三角点通過。こんな時間なのに、ベンチは満席です。

IMG_9554_th.jpg
10:12 11時集合なのに、早く到着しすぎた。小腹が空いたので、あんぱんとコーヒーを食す。

IMG_9556_th.jpg
10:37 到着した時は日当たりが無く、非常に寒かった。斜面のベンチに移動してこの気温。

IMG_9557_th.jpg
10:37 ヤマレコユーザーさん達が集まり始めました。こんな名札をぶら下げてました。

IMG_9563_th.jpg
13:00 おしゃべりと食事と自己紹介、記念撮影のあと早期離脱しました。

IMG_9564_th.jpg
13:42 ここだけの話、実はココに早く来たかった!

IMG_9565_th.jpg
13:50 大岩展望台に立ち寄った。朝より雲が多くなりました、下り坂です。

IMG_9566_th.jpg
14:13 下りは早い!御門杉で実質的にゴール。しかし、階段で膝をやられました(T_T)

20171210sanage_th.jpg
行動時間:6時間40分 行動距離:10.4km 高低差:459m

・朝方は気温が低くてテンション低めだったが、登るにつれて体が温まって順調に。とは言えほとんどが
 日陰での行動なので、常に寒かったです。やはり、田原とは空気が違う感じでした。
・たいへん驚いたのは、まだ8時にもなっていないのに、下山する人が大勢いた事。自分の行動パターン
 では考えられないので、とても新鮮な気分になりました。トレランの人も多いですね、しかも、しっかりと
 挨拶してきてくれるんで、コッチが元気になりました。
・今回は山のSNS「ヤマレコ」のユーザーさんによる「猿投山で逢いましょう」というオフ会への参加でした。
 皆さんの格好や装備には圧巻!自分が中途半端だって事が良く分かりました。山行数もすごい人達
 ばかりだったので、完全に傍観者になってしまいました。
・次回は2018年6月29日でしょうか?イベント的な事を考えてはいるのですが、どうするかな〜?

《おまけ》
ココでは場所は書きませんが...猿投山の日プレートは、オフ会前にゲット済みです。

IMG_teppan_th.jpg
teppanさん作。なんとか自力で見つけました(^_^;)

IMG_toradoshi_th.jpg
toradoshiさん作。コチラは簡単でしたね。


スポンサーサイト

2017/4/6 愛知・猿投山(teppanさん夫妻と歩く)

teppanさんご夫妻とは、3月5日の七つ山整備でやっと会うことが出来ました。ネット上では長い付き合いです。
しかし、整備優先で会話がおろそかに。このままではいけないと思い、自分がteppanさんの懐(ホーム)に
飛び込もうと思ったのが、七つ山整備の一週間後でした。
そしてこの日、平成元年まで住んでいた豊田市の猿投山を歩くこととなりました。もちろん、ガイドは
teppanさんと奥様です。2017年9山目になりました。

teppanさんのブログ記事はコチラ
げんた&てっぱんの 猿投山で外遊び [山歩き・ウォーキング]
ヤマレコの記事はコチラ
雨あめ降るな~ 猿投山コラボ

・スタートは猿投神社を更に北上した先にある、猿投山麓駐車場(登山者用?)からです。まずはダラダラと
 舗装路を歩きます。話をしながらですから、あっという間に時間が過ぎていきます。

IMG_8002_th.jpg
8:07 右手にトロミル水車が見えてきた。結構な勢いで回転してました。

IMG_8003_th.jpg
8:15 道端には、いきなりショウジョウバカマが点々と。

IMG_8004_th.jpg
8:18 お倉岩。なんてことないこういう形の岩だが、東海自然歩道の看板で格が上がる。
   謂れがあったら、ゴメンナサイ。

IMG_8007_th.jpg
8:21 ほどなくして、左手に御門杉が目印の登山口が見えてくる。階段地獄の入口です。

IMG_8008_th.jpg
9:03 ヒィヒィ言いながら登ってteppanさんに笑われながらも、なんとか大岩展望台へ。
   南?南東?方面に開けていて、豊田市方面が丸見えです。
   こういうところでのメシはきっとうまい!

IMG_8011_th.jpg
9:11 猿投神社・東側の奥宮入り口です。

IMG_8012_th.jpg
9:16 巨木の根元にカンアオイ。花を見たのは初めて。

IMG_8014_th.jpg
9:32 東の宮参道右手には、ケヤキの巨木が3本、仲良く並んでます。

IMG_8016_th.jpg
9:34 東の宮の右手を上がったところに...

IMG_8017_th.jpg
9:38 猿投山最高地点があります。標高632mで三角点のある山頂より3m高い。

IMG_8022_th.jpg
9:49 カエル石。目と口に落書きされちゃってます。書かないとわからないって言う考え?
   それは余計なお世話だと思いますよ。消しても消しても書かれてしまうそう。

IMG_8023_th.jpg
9:59 猿投山 一等三角点 標高628.92m
   さすがは人気のある山の三角点。撫でられまくって、ツルツルで角が取れてて黒ずんでます。

IMG_8027_th.jpg
10:01 よくネットで見る看板。やはり、東海自然歩道の看板は風格がある。
    山頂には、丸太のベンチが多数あり、休憩できるようになっているが、冬場は日陰になり
    北風ももろ当たりとなり寒々しい感じがします。

IMG_8028_th.jpg
10:05 今は北方面しか開けていないが、40年ほど前には展望台があり、南側も見られたとのことです。

IMG_8031_th.jpg
10:42 山頂から西へ移動。そこの谷間には人気スポットの陽だまりの休憩所がある。
    おにぎりやカップそばでランチの後、ご夫妻が準備してくれた「自家製蜂蜜をトーストに添えて」を
    ご馳走になりました。紅茶まで頂いて、ありがとうございました。

IMG_8034_th.jpg
11:23 ご覧のとおり、私たちだけでこの日は快適空間でした。お世話になりました。

IMG_8035_th.jpg
11:30 このようなイイ感じの歩道で、谷間を下っていきます。

IMG_8038_th.jpg
11:57 途中、道を外れて団九郎の岩屋を見学。

IMG_8043_th.jpg
12:10 広見林道沿いにもショウジョウバカマが。コレだけの数を見ると、もはや雑草です。

IMG_8049_th.jpg
12:15 七滝めぐり遊歩道にある、二ツ釜の滝。この日は水量が多く、三筋の滝が。

IMG_8052_th.jpg
13:02 城ヶ峰展望台にて。teppanさん、カッコよく写ってますが、実はこの時、左肩と右腰が痛かったらしいです。

IMG_8063_th.jpg
13:13 今回のハイクで衝撃的だったのはコノ看板。ものすごく手が込んでて、なんと!焼き物です。

IMG_8058_th.jpg
13:37 下って下って膝が痛くなってきた頃、最初の舗装路が見えてきた!助かった〜

IMG_8060_th.jpg
13:43 小雨がぱらついたものの、本降りになったのはこの後。雨男と雨女がいなくてよかった!

・この後、猿投神社へ登山の無事をお参りに。
 実は、七滝めぐり遊歩道から城ヶ峰展望台へ向かっている時、teppanさんが私の目の前でスッテンコロリン!
 木の根っこに左足を引っ掛け、そのまま前方へ転倒。頭が木の幹にぶつかって鈍い音が。左腕が枝に引っ掛かって
 後ろに反り返ってました。色んな所が後から痛くなりそうな気がしましたが、心配なのは頭でした。すぐには症状が
 出ないで、後から...といろいろ聞いたことがあったので。それからはゆっくり歩いてもらうのと、足をしっかり上げる
 ことに専念しての下山でした。東の宮で安全祈願をしていたので、コレぐらいで済んだと全員で笑い飛ばしました。

 そして、猿投神社でお礼参りをしておきました。

20170406sanage_th.jpg
行動時間:5時間50分 行動距離:11.9km 高低差:488m

・田原市を出発したのが5:30。すでに雨がぱらついていたが、猿投神社に近づくにしたがって止んでいきました。
 今にも泣き出しそうな天候でしたが、歩いている時はごくたまに雨かな?って思うぐらいで、ゴールまで持ってくれました。
・歩きながら猿投山の見どころをたくさん説明して頂きました。さすがは猿投山の主(?)です。ほとんどの踏み跡の
 行き先を分かってらっしゃるようです。
・奥様から「裏teppanさん」の話を聞けたことは収穫でした。とっても楽しい一日でした。ありがとうございました。



Top

HOME

げんた

Author:げんた
写真で綴る、げんたの外遊び。

ソロ時々グループで活動中。
毎日更新は無理なんで
週報とさせて頂きます。

ホームページ(低山ハイク)
のブログ化完了。

Instagram
ブログパーツはInstaWidgetを 使用しています。 @genta32

TweetsWind

猿投山
衣笠自然歩道 たらめ会 滝頭山 ミツバツツジ 赤羽根西山 三角点 鬼堕ロングトレイル 西日山 大山 猿田山 自転車 タコウド 観音の腰掛岩 雨乞山 ヤマレコ 尉ヶ峰 不動岳 衣笠山 赤松山 中西山 神石山 船形山 湖西連峰 バス釣り 林道衣笠線 七つ山自然歩道 コトギス オオトギス 七つ山 すり鉢山 猿投山 カングー 嵩山 山野草 稲荷山 浜松観音山 藤尾山 長興寺自然歩道 長興寺山 御堂山 砥神山 物見山 石巻遊歩会 庄十山 遠見山 本宮山 笠山 蔵王山 平尾山 小衣笠 潮海山 御岳山 神野山 御園富士 ランクル フローター 岩岳 トップウォーター 狼煙山 立ベボウ一本つつじ山 風切山 横溝正史 樹木 富幕山 稲美会 シデコブシ 黒河湿地 iPhone5c 藤七原湿地 国道 三河湾スカイライン ポタリング 803ピーク 林道山の田線 林道舟着山線 舟着山 ジムニー 林道長坂上田原坂線 林道助沢線 林道千両線 林道石原河原線 測量野帳 城山 阿寺の浅間山 林道六田沢栃木線 林道上新戸黒淵線 林道寺野浅間線 弓張山 山の本 京丸山 美貞山 テント泊 富士見岩 山道看板物語 東山 宮路山 瑠璃山 鳳来寺山 ミハリ山 吉祥山 阿寺の七滝 鉛山 雨生山 金山 葦毛湿原 坊ヶ峰 石巻山 観音山 iPhone4s 稲荷社 五井山 明神山 奥山林道 扇山林道 芦林道 尾村山 茶臼山 聖山 小山 右善坊山

QR

楽天市場
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
軽登山で使えるアイテムが多数
ブロードバンドプロバイダ料金比較
リンクシェア・ジャパン


ヤマレコ

3ライン運動 賛同してます。

がんばろう日本