げんたの外遊び週報

外遊び(低山ハイク・キャンプ・ドライブ 他)や車いじりを中心に紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/9/23 愛知・蔵王山

ほぼ毎日通っている林道衣笠線沿いの家康公お水場跡。林道入口から蔵王山を見上げると
中腹に何やら伐採された場所が。ジムニーで行ってみたら展望台でした。そこから頂上方向に
登山道が...。で、今回はその登山道を歩いてみました。散歩程度ですが、2013年27山目です。
(最近、仕事のほうが忙しく記事アップが遅れがちです...m(_ _)m)

IMG_1937_th.jpg
11:05 下に採石場が見えるので眺めはイマイチ。

IMG_1938_th.jpg
11:09 歩道に入ってすぐ、毒々しい感じのキノコが...。

IMG_1939_th.jpg
11:26 程なくして車道に出た。

IMG_1940_th.jpg
11:29 下の駐車場からの眺め。

IMG_1942_th.jpg
11:35 落葉が始まってた。

IMG_1943_th.jpg
11:36 三角点を拝んで戻ります。

IMG_1945_th.jpg
11:47 こう見ると、なかなか感じの良い道です。

20130923zaou_th.jpg
行動時間:48分 行動距離:2.55km 高低差:115m
スポンサーサイト

山道看板物語(1)

今号のたらめ情報、とても興味深い内容だったので、転載させて頂きます。

田原里山の旅 大山編の編集会議で「地名や岩の名前、史実と違うの
は如何か?」と、葉山茂生さんから指摘をうけ、やむなく《マップ等の表示
史実と異なるのもあり、諒承下さい》の断わり文を入れることで公共出版物
としての体裁を整えましたが、既刊、衣笠編とて同様のケースがありました。
でも、私的の発刊書籍なら許されるー。というのが葉山さんの見解でした。しかし
《百年桜新道》みたいにたらめ会ご当人が製造直売の物件の場合話は別です。
勝手に名前つけて看板つけたもん勝ちです。でもその分物件(コース等)が劣悪になら
んよう責任もって維持管理せんとわらわれます。ブランド品なら尚さらです。
関連して以前、椿実治郎君から「地名、岩の名称等の故事来歴知りたい。今の
うちに書き残しといてくれん。」という注文がありました。そうだ、俺れもボケとる閑
はない書くか・・・と思いたったが吉日、渥美半島のこれまでに公表された山や岩、そ
れと山道の名称、古い順にひとつひとつ爼上にして吟味していきます。題して、
《山道看板物語》(これから先、登場する人の名称を略させてもらいます)

(1)ー中西山ー
話は今から50年前に遡る。昭和32年、山内勇と俺れは中西駛夫に
誘われ、立山、剣に地下足袋で登り、山にとりつかれます。3人はすぐ《蔵王山岳
会》をたちあげ、滝頭山周辺の山道をハイキング道に設定、観光協会の諒
承を得て看板を設置、滝頭山の西のピークを《中西山》と命名しました。初代会
長の中西駛夫の名を残そうという誠に単純極わまる発想でしたが、それがその
まゝ登山雑誌山と渓谷に掲載されるというハプニングもあり、今では誰ひとり疑
うことのない山の名に定着しました。その他、仁崎峠の西のピークを《池見平》として看板
立てましたが、今は樹が大きくなって池なぞ見えませんので自然消滅した地名です。


img_0663.jpg

(たらめ情報 No.192より転載 原文のまま たらめ会事務局より了承済み)

2010/10/2 愛知・蔵王山と笠山

2010年 第33弾は、行き当たりばったりの低山ハイクでした。

DSC06164.jpg
11:32 かなり遅い出発...

DSC06165.jpg
11:35 権現の森より入山。

DSC06167.jpg
11:40 そういえば、この道があったので行ってみる。

DSC06168.jpg
11:55 途中、踏み跡が解らなくなり適当に登ったら、五合目広場の奥に出てきた。

DSC06169.jpg
20mぐらい西へズレてた...(^^;)

DSC06170.jpg
12:04 10分ぐらいで八合目。

DSC06177.jpg
左から尾村山・東山、藤尾山、滝頭山、遠くに雨乞山、そして衣笠山

DSC06178.jpg
12:18 あんまり、珍しくない蝶なのか?ここの所、やたらと見かけるのだが...。

DSC06180.jpg
12:20 四等三角点 蔵王山 標高250.42m。

DSC06182.jpg
12:21 南よりの風がやや強かった。風車は油切れなのか、異音がしてた。

DSC06183.jpg
12:40 八合目まで戻り、今日のランチ。

DSC06184.jpg
風防を初めて使用する。

DSC06185.jpg
12:57 続けざまに食後のコーヒー。

DSC06186.jpg
13:17 さて、下りますか。

DSC06188.jpg
13:20 帰りは...

DSC06191.jpg
13:35 三つ岩側で。

DSC06193.jpg
13:49 結構、歩いたな。

20101002zaousan.png
やはり、蔵王山蔵王山だった?

DSC06194.jpg
14:02 笠山のふもとから蔵王山を望む。

DSC06197.jpg
14:03 この階段を一気に行く。

DSC06199.jpg
14:07 今日の空って、こんなに青かったんだ。

DSC06200.jpg
三等三角点 笠山 標高78.94m。

DSC06201.jpg
立派な祠が...。

DSC06204.jpg
14:12 山頂は綺麗に芝刈りされていた。

DSC06205.jpg
14:16 下ります。

DSC06207.jpg
14:31 今日の合計です。

DSC06208.jpg
16:01 たまには違う物で糖分補充。

20101002kasayama.png
超低山の笠山は登るだけではアレなので、ふもとにある遊歩道も歩いてきた。
山頂が綺麗に手入れされていて、とても気持ちが良かった。

2009/5/13 愛知・蔵王山・笠山

今回はコチラの低山です。
CIMG1331.jpg
今回は標高250.1mの...
CIMG1332.jpg
市民の中では一番メジャーな(?)「蔵王山」。
CIMG1335.jpg
登山口は権現の森から。
CIMG1336.jpg
三つ岩自然歩道方面へ(左方向)。
CIMG1337.jpg
ここから階段。
CIMG1339.jpg
しっかり整備されてる。
CIMG1340.jpg
三つ岩から田原市街地を見る。
CIMG1342.jpg
階段が無くなって...
CIMG1344.jpg
なにやら、慰霊碑がありました。
CIMG1346.jpg
細い方の歩道へ。
CIMG1347.jpg
せっかく登ったのに、下り道...。
CIMG1348.jpg
あずまやがたくさんある。
CIMG1349.jpg
更に下ると...
CIMG1350.jpg
蔵王山自然歩道に合流。
CIMG1352.jpg三合目。

CIMG1354.jpg四合目。

CIMG1358.jpg五合目。

CIMG1359.jpg六合目。

CIMG1360.jpg七合目。

CIMG1361.jpg
この辺りから風車の音が聞こえてくる。
CIMG1363.jpg蔵王権現堂で八合目。

CIMG1366.jpg
広場があって視界が開ける。
CIMG1365.jpg
笠山付近の山々。
CIMG1367.jpg
一番奥に尾村山・東山が見える。
CIMG1368.jpg
太平洋も一望。
CIMG1369.jpg
頂上まであとわずか。
CIMG1372.jpg
この階段が最後。
CIMG1373.jpg
三河湾が見える。奥に見えるのが姫島。
CIMG1375.jpg
風車を真下から...
CIMG1376.jpg
観光ではないのでココには登らず。
CIMG1377.jpg
展望台の左奥に...
CIMG1379.jpg
四等三角点アリ。
CIMG1385.jpgやはりこの看板は、歩道のゴール地点にあった。

CIMG1386.jpg
この岩に登ると...
CIMG1388.jpg
絶景が...(と言っても工業地帯)
CIMG1390.jpg
こんなテーブルがたくさんあるので昼食にする。
CIMG1391.jpg
山歩きの時の定番、TVカップ麺。
CIMG1393.jpg
眺望は無かったけど、暑くもなく寒くもなく...
CIMG1399.jpg
下山しま~す。
CIMG1400.jpg
緩やかな歩道をのんびりと...
CIMG1407.jpg
小さな沢もある。
CIMG1408.jpg二合目の看板発見。

CIMG1412.jpg
やはり、立派な展望台があるので、車で来る人は多い。

だが、登山時に一人、下山時に四人のハイカーとすれ違った。
平日でこの人数だから、休日はもっとにぎやかなのだろうか?

標高の割には、歩道も歩きやすく、今までで一番楽だった。

どうやら、色々な脇道もあるようで何回も楽しめそうである。

CIMG1413.jpg
つづいて、標高78.6mの...
CIMG1414.jpg
笠山」。
CIMG1415.jpg
遊歩道があるみたい。
CIMG1416.jpg
歩きやすい歩道です。
CIMG1419.jpg
何の花かな?
CIMG1422.jpg
なんかイヤな予感が...
CIMG1423.jpg
登る気配、無し。
CIMG1430.jpg
ふりだしにもどる。一周しただけでした。
CIMG1431.jpg
一直線に一気に登る。
CIMG1433.jpg
どっひゃ~、辛かった~!
CIMG1435.jpg
コチラには三等三角点アリ。
CIMG1436.jpg
工業地帯の風車郡。
CIMG1438.jpg
姫島がくっきりと...
CIMG1442.jpg
会社の寮と社宅。衣笠山も見える。
CIMG1439.jpg
蔵王山と衣笠山
CIMG1440.jpg
なんとか、太平洋も見ることができる。
CIMG1441.jpg
頂上まで一直線の登山道といい、標高の低さで
舐めてかかっていたが、頂上の眺めの良さは
蔵王山より上と思う。もうちょっと風が
弱かったら最高だったのだが...。

Top

HOME

げんた

Author:げんた
写真で綴る、げんたの外遊び。

ソロ時々グループで活動中。
毎日更新は無理なんで
週報とさせて頂きます。

ホームページ(低山ハイク)
のブログ化完了。

Instagram
ブログパーツはRSS.stagramを 使用しています。

TweetsWind

蔵王山
たらめ会 コトギス 七つ山自然歩道 三角点 衣笠自然歩道 衣笠山 七つ山 すり鉢山 オオトギス 鬼堕ロングトレイル 大山 山野草 赤松山 浜松観音山 ミツバツツジ 藤尾山 稲荷山 滝頭山 猿田山 赤羽根西山 西日山 猿投山 林道衣笠線 長興寺山 中西山 不動岳 長興寺自然歩道 砥神山 御堂山 雨乞山 物見山 タコウド 神石山 湖西連峰 石巻遊歩会 庄十山 遠見山 本宮山 笠山 蔵王山 平尾山 バス釣り 小衣笠 潮海山 神野山 御岳山 御園富士 嵩山 ランクル 観音の腰掛岩 フローター 岩岳 トップウォーター 狼煙山 立ベボウ一本つつじ山 風切山 横溝正史 樹木 富幕山 稲美会 シデコブシ 黒河湿地 iPhone5c 国道 藤七原湿地 三河湾スカイライン 自転車 ポタリング 803ピーク ジムニー 林道舟着山線 舟着山 林道山の田線 林道長坂上田原坂線 林道助沢線 林道千両線 林道石原河原線 測量野帳 林道寺野浅間線 林道六田沢栃木線 林道上新戸黒淵線 弓張山 城山 阿寺の浅間山 山の本 京丸山 美貞山 テント泊 富士見岩 山道看板物語 東山 宮路山 鳳来寺山 瑠璃山 ミハリ山 吉祥山 阿寺の七滝 鉛山 雨生山 金山 葦毛湿原 坊ヶ峰 石巻山 観音山 iPhone4s 稲荷社 五井山 明神山 扇山林道 奥山林道 尉ヶ峰 芦林道 尾村山 茶臼山 聖山 小山 右善坊山

QR

楽天市場
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
軽登山で使えるアイテムが多数
ブロードバンドプロバイダ料金比較
リンクシェア・ジャパン


ヤマレコ

3ライン運動 賛同してます。

がんばろう日本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。