げんたの外遊び週報

外遊び(低山ハイク・キャンプ・ドライブ 他)や車いじりを中心に紹介していきます。

2017/5/20 愛知・鸚鵡石〜村松三角点(鬼堕ロングトレイル整備-20)

一ヶ月ぶりに村松三角点を目指すため、最近一緒に行動している3名(Y氏・Rikoさん・げんた)で
行ってきました。2017年も15山目になりました。

IMG_8396_th.jpg
10:01 いつもの鸚鵡石口からの入山。

IMG_8397_th.jpg
10:08 好奇心旺盛なRikoさんは、鸚鵡石を一周りしたいと登りだした。

IMG_8399_th.jpg
10:11 てっぺんにある石碑に興味津々。

IMG_8402_th.jpg
11:09 先発隊のY氏と合流し、170ピークを目指す。

IMG_8407_th.jpg
11:10 振り返れば、越戸の大山

IMG_8408_th.jpg
11:17 靴紐が解けた時に気がついた!マダニさんですね〜。シダの中を歩いたときかな?

IMG_8410_th.jpg
13:54 Y氏を先頭に立たせ藪こぎ。昼休憩を抜くと、1時間ぐらいで到着しました。
    残念ながら、三角点ピークはヤブヤブで眺めなしです。
    村松四等三角点 標高176.63m。

IMG_8415_th.jpg
14:48 Y氏は当日、猿田山山頂北側の岩場も開拓、また紹介します。

20170520muramatsu_th.jpg
行動時間:5時間10分 行動距離:4.36km 高低差:125m
・さすが!重戦車のY氏、ホントにご苦労さまでした。Rikoさんも歩道の整備、ありがとうございました。
 これで、たらめ会の面目躍如だねぇ〜、三角点から鉄塔へと下りる道もつけたいです。今度もよろしくです。

鬼堕(赤羽根〜越戸)ロングトレイル整備の過去記事
2013/6/9 愛知・赤羽根西山(歩道整備)
2013/11/24 愛知・赤羽根西山整備
2013/12/1 愛知・赤羽根〜越戸ロングトレイル整備
2013/12/22 愛知・赤羽根〜越戸ロングトレイル整備−2
2014/1/2 愛知・赤羽根〜越戸ロングトレイル整備−3
2014/2/1 愛知・鬼堕ロングトレイル整備−4
2014/2/23 愛知・鬼堕ロングトレイル下見会+整備-5
2014/2/24 愛知・鬼堕ロングトレイル整備-6
2014/4/6 愛知・椛と伊川津のシデコブシ〜鸚鵡石(鬼堕ロングトレイル整備-7)
2014/5/1 愛知・鸚鵡石〜新巨石(鬼堕ロングトレイル整備-8)
2014/5/2 愛知・猿田池〜150ピーク(鬼堕ロングトレイル整備-9)
2016/1/3 愛知・鸚鵡石〜猿田池(鬼堕ロングトレイル整備-10)
2016/1/5 愛知・鸚鵡石〜210ピーク〜150ピーク(鬼堕ロングトレイル整備-11)
2016/2/7 愛知・鸚鵡石〜大山トンネル北口上分岐(鬼堕ロングトレイル整備-12)
2016/2/8 愛知・鸚鵡石〜大山トンネル北口(鬼堕ロングトレイル整備-13)
2016/2/14 愛知・光岩〜あつみ大山トンネル南口(鬼堕ロングトレイル整備-14)
2016/5/4 愛知・猿田山〜西日山〜赤羽根西山(鬼堕ロングトレイル整備-15)+新巨石続報
2017/1/22 愛知・鸚鵡石〜猿田山(鬼堕ロングトレイル整備-16)
2017/2/4 愛知・鸚鵡石〜大山(鬼堕ロングトレイル整備-17)
2017/4/16 愛知・光岩〜鸚鵡石分岐(鬼堕ロングトレイル整備-18)
2017/4/22 愛知・鸚鵡石〜村松三角点(鬼堕ロングトレイル整備-19)


スポンサーサイト

悲しき梔(クチナシ)岩

”岩の割れに 生きるくちなし うれしかり 立てば三河湾と 遠き山脈”山本道夫。
岩頭に梔の花を咲かせる岩は大山の北面約100Mほど下った所にある。今は亡き
山本道夫がこの岩の上に咲く梔を愛でゝ生れた一首です。これを白ペンキの板に
書いて吊したのを見つけた山本は、「ホイ彦坂さん、歌はえゝけど、わしの名前だけ
は困る。」てって自分の名前の部分をナイフで削り消やしてしまった。平成19年の3月
31日、たらめ会大山ハイキングに山本が参加したときのことで、氏の人柄が偲ば
れるハプニングでした。以後《くちなし岩》と誰となく言うようになったゞが、歌
の看板は初め荒木弘道が小さな板にマジックで書いて吊したのが古くなった為、俺れが
新調したが、これを見ず素通りせる奴らにゃ「大山え登った」なんたァ言わせん。

(たらめ情報 No.197より一部転載 原文のまま たらめ会事務局より了承済み)

越戸の大山・北斜面にある「梔(クチナシ)岩」謂われは、その名が示す通りです。
しかし、現在の梔岩はただの尖った岩。梔は跡形もない状態です。
恐らくは、岩の先端にある梔の存在を知らずに、岩の上に立って記念撮影...
ってところでしょう。自分も梔岩の名称の意味を知らない頃は、上に立って
みたいな事を考えてました。

CIMG2884_th.jpg
2010/2/24 この頃には梔岩の謂われを知っていたので、この上に...なんて考えたこともない。

CIMG3180_th.jpg
2010/5/3 あまり変わってないように見える。

CIMG3491_th.jpg
2010/7/18 梔の花期は6〜7月。正に最盛期である。

CIMG4097_th.jpg
2011/4/4 こんななりでも生きている。

IMG_0829_th_20170506204643446.jpg
2014/6/1 この頃から怪しくなってきた。

IMG_1301_th.jpg
2014/7/26 ココから見えないってことは、もうダメなのか?

IMG_5165_th.jpg
2016/2/28 鬼堕ロングトレイルが開通して、浮かれてた頃。

IMG_7566_th.jpg
2017/2/4 この状態で生きていたら奇跡だろう。復活に期待したい。

2017/5/7 愛知・某所(たらめ会・山野草観察会)

大型連休最終日、毎年恒例の山野草観察会が開催されました。
風が少々強めでしたが、天候にも恵まれ、参加者は12名(女性3名・オッサン9名)と
たらめ会行事にしては多めでした。2017年14山目です。

DSCF1176_th.jpg
アマドコロ

DSCF1178_th.jpg
タツナミソウ

DSCF1181_th.jpg
イカリソウ

DSCF1182_th.jpg
シュンラン

DSCF1183_th.jpg
ナガボナツハゼ

DSCF1189_th.jpg
コアブラツツジ

DSCF1199_th.jpg
タニギキョウ

DSCF1206_th.jpg
キンラン

DSCF1210_th.jpg
キランソウ

DSCF1214_th.jpg
タツナミソウ

DSCF1216_th.jpg
キンラン

DSCF1221_th.jpg
キンラン

DSCF1225_th.jpg
ナルコユリ

DSCF1226_th.jpg
エビネ

DSCF1230_th.jpg
ギンラン

DSCF1233_th.jpg
ギンラン

行動時間:5時間39分 行動距離:7.23km 高低差:163m
・今回の記事には、場所が想定できるものは載せないことにしました。ご了承下さい。
・カイナンサラサドウダン(写真無し)やコアブラツツジがまだつぼみで、今年は花期が遅れ気味のようです。
・他にもチゴユリやシラン等を観察できました。

2017/5/4 愛知・大山トンネル北口〜臍岩〜サシバ峠

ゴールデンウィーク歩道整備をやることになったはいいが、参加者の3人(Y氏・Rikoさん・げんた)の都合が
つかず、5月4日までずれ込むことに。当初は鬼堕ロングトレイル支線上にある、村松三角点を目指す予定
だったが、折角なので、臍(へそ)岩から和地への歩道復活の足掛かりとして、3人で楽しんで歩いてきました。
2017年13山目になりました。

IMG_8301_th.jpg
9:33 位置関係が少しばかり怪しい地図を見ながら、首を傾げるRikoさん。

IMG_8302_th.jpg
10:02 臍岩分岐で小休憩。

IMG_8303_th.jpg
10:11 この歩道も防火帯?しっかりと残ってます。

IMG_8306_th.jpg
10:48 臍岩の上を3人で整備。この後、3世代親子がハイキングでやって来ました。

IMG_8309_th.jpg
11:22 このあたりの歩道が、とってもいい感じでした。

IMG_8311_th.jpg
11:46 北山三角点ピーク登り始めの両側に、結構深めの竪穴が。
    右側には横穴も続いていた。防空壕跡?でも、なんでこんな山奥に。

IMG_8315_th.jpg
12:01 ヤブの中に北山四等三角点 標高235.46m。

IMG_8318_th.jpg
12:04 そして、サシバ峠到着。

IMG_8321_th.jpg
12:35 いつの間にやら、この眺め!7年前はこうではなかった。

IMG_8330_th.jpg
13:45 サシバ峠から整備された道を下るも、途中で旧花の村へ向かっている雰囲気に。
    下りてきた尾根を登り返し、ヤブをかき分け小学校裏山展望台になんとか到着。

IMG_8332_th.jpg
14:00 ココは旧和地小学校。平成27年に堀切小・和地小・伊良湖小が統合され、現在は伊良湖岬小学校に。

IMG_8333_th.jpg
14:05 国道42号から見えているソーラーパネルを眺めながら、トンネル南口を目指す。

IMG_8336_th.jpg
14:45 全長1230mのあつみ大山トンネルをトボトボ歩いて、北口駐車場へ戻りました。

20170504sashibatouge_th.jpg
行動時間:5時間19分 行動距離:9.10km 高低差:230m
・臍岩から裏山展望台まで、8割5分は良好な歩道ですが、それ以外はヤブや旧花の村への道迷いの可能性あり。
・小学校へ下りるのではなく、ファームポンド辺りに下りてくるといいのかも。


平成28年度 たらめ会活動報告

年々、遅くなっていく年度末総会。今年は4月の下旬でしたが、無事に開催されました。
IMG_8241_th.jpg

平成28年度の活動報告内容です。

平成28年
4/23(土) (仮称)〈渥美原人洞〉 探訪 衣笠山
        衣笠山北面に林道を5分下った処に大岩がある。洞穴はその下部にあり、
        半円の壁面がつるつるに光っているのが何とも不思議である。
        洞穴は3m程で行止り、上方へ続いていたと発見者のY氏は証言。
        後日その道の専門家に診てもらうことにせた。
        (参加3名)
IMG_5511_th_20170429203156c00.jpg

5/2(月)  春山登山 観音山(580m) 会費1,000円
        8:00出発、浜名湖の北にある登山口に10:00着、頂上へは12:00に着き
        昼食、14:40車へ帰着、田原には16:40着。すでにマンサクの花は無く、赤い
        ウグイスカグラに似た花が沢山咲いていた。
        (参加11名)
IMG_5612_th_20170429203158e46.jpg

5/4(水)  (仮称)〈渥美原人洞〉の調査 衣笠山
        9:00鬼堕の猿田山より入山、西日山へ標識をつけながら光岩で昼食。その後
        下山、13:30地質学の専門家 藤城信幸さんらと衣笠山で合流、Y氏の案内で
        洞穴の調査をした結果、(私教育委員会の本格的な発掘調査を待つのが
        よかろう〜。)と、信幸さんと同行してきた豊橋自然史博物館館長の
        松岡敬二さんからアドバイスされた為、以後のことは藤城信幸さんに
        一任せることとした。
        (参加6名)
IMG_5666_th_20170429203159717.jpg

5/8(日)  山野草観察会 赤松山衣笠山
        〈ナガボナツハゼ〉を赤松山で見て、鬼の踊場で昼食してから下山。
        車で衣笠山へ向かい〈ナルコユリ〉と渥美原人洞を見学した後、
        〈キンラン〉〈カキラン〉〈ギンラン〉などを観察して解散。
        (参加15名)

6/18(土) 木楽荘改築工事に着工、8月30日に完成
        築後10年、ベランダや欄干の腐食が進み、作り替えることとし、南壁面を
        物置に改築工事着工。W君より寄贈された檜丸太10数本を赤羽根製材への
        搬入作業を手始めに、8/30まで延64人出動、73,197円で完成をみました。
        会員32名から寄せられた寄付金のおかげで、1,197円をたらめ会から支出
        しただけで、素晴らしい避難小屋となりました。
IMG_6605_th.jpg

6/29(水) 学校友蔵化事業(自主参加) 衣笠小学校
        小学3年生を対象に水鉄砲を作って遊ぶ。
        (参加6名)

7/18(日) ヤマ百合観察会 衣笠山→不動滝
        〈オオバノトンボソウ〉を見学した後、衣笠山ジョギングコース道に植えられた
        〈ヤマ百合〉を観察、健脚組は山路を歩いて不動滝へハイキング、〈イワタバコ〉
        を観察。昼食後、有志は渥美原人洞を探訪。
        (参加10名)
IMG_6175_th.jpg

9/12(月) 木楽荘のテーブル脚作り
        木楽荘の中に置いてあった天板に脚をつけ、ベランダに置く。
        (参加2名)

9/25(日) お月見と木楽荘完成祝賀会
        みんなから差し入れられた酒や料理がテーブルに溢れ、17時〜21時まで
        稲荷山は賑やかだった。
        (参加20名)
IMG_6731_th_2.jpg

10/5(水) 学校友蔵化事業 衣笠小学校
        樹木名を木片に書いて吊るす。この日、槇の木になっていた〈サルモモ〉を
        児童らに取って食べさせた。
        (参加6名)

10/29(土)〜30(日) 衣笠市民館まつりの茶会と準備
        大場政子社中と、たらめ会合同で開催
        (参加10名)

11/25(金) 学校友蔵化事業 衣笠小学校
        ドングリでコマを作り回転時間を競う大会を実施。4位までを入賞とし
        〈学校友蔵化を楽しむ会代表 稲荷坂笑之助〉の名で賞状を作って渡す。
        (参加6名)

11/27(日) 衣笠校区ハイキング大会と宮川三本橋の工事
                          衣笠山ハイキング終了→百年桜新道の整備へ
        雨模様の天気のため頂上へは行かず、9時に出発10時半に帰着という
        片付け仕事的ハイキング大会をいいことに、午後は宮川三本橋用の檜丸太を
        伐採し皮をむいておく。
        (参加7名)
IMG_7133_th_20170429203226e90.jpg

12/30(金) 木楽荘の正月飾り
        〆縄、門松、等を制作し木楽荘へ飾る。
        (参加2名)

平成29年
1/1(日)  初日の出登山 藤尾山
        6時集合、藤尾山へ登り初日の出を拝んだ後、下の東屋で雑煮を食べて新年を
        祝う。富士山も見えた今年の日の出は、見事でした。
        (参加8名)
IMG_7320_th_20170429203227824.jpg

1/3(火)  登山道整備作業 衣笠山の桟敷岩周辺
        10時より作業開始。午後3時に撤収し下山。桟敷岩の周りの樹木を伐採し
        展望が少し良好になった。
        (参加8名)

1/8(日)  正月の山遊び 野田の山(コトギス山)
        Uと稲荷坂しか集まらず、雨そうなので近くの野田の山にした。展望の良い
        ピークまで登り下山、午前中に帰投した。
        (参加2名)

2/26(日) ミツバツツジの手入れ作業 滝頭山
        9時集合、恐竜の背から下の雑木を伐採し、午後4時に撤収した。
        (参加10名)

3/8(水)  学校友蔵化事業 衣笠小学校
        大場先生の指導で、3年生児童たちと遊ぶ。
        (参加6名)

3/11(土)・3/18(土) 七つ山登山道道標作り 事務局
        各ピークへ吊るす看板を制作。
        (参加6名)
IMG_7918_th_2.jpg

Top|Next »

HOME

げんた

Author:げんた
写真で綴る、げんたの外遊び。

ソロ時々グループで活動中。
毎日更新は無理なんで
週報とさせて頂きます。

ホームページ(低山ハイク)
のブログ化完了。

Instagram
ブログパーツはRSS.stagramを 使用しています。

TweetsWind

> tags
三角点 鬼堕ロングトレイル たらめ会 大山 山野草 ミツバツツジ 衣笠山 赤松山 浜松観音山 稲荷山 コトギス 藤尾山 滝頭山 七つ山 赤羽根西山 猿田山 西日山 七つ山自然歩道 猿投山 オオトギス すり鉢山 林道衣笠線 衣笠自然歩道 中西山 長興寺山 不動岳 長興寺自然歩道 砥神山 御堂山 雨乞山 物見山 タコウド 神石山 湖西連峰 石巻遊歩会 庄十山 遠見山 本宮山 笠山 蔵王山 平尾山 バス釣り 小衣笠 潮海山 神野山 御岳山 御園富士 嵩山 ランクル 観音の腰掛岩 フローター 岩岳 トップウォーター 狼煙山 立ベボウ一本つつじ山 風切山 横溝正史 樹木 富幕山 稲美会 シデコブシ 黒河湿地 iPhone5c 国道 藤七原湿地 三河湾スカイライン 自転車 ポタリング 803ピーク ジムニー 林道舟着山線 舟着山 林道山の田線 林道長坂上田原坂線 林道助沢線 林道千両線 林道石原河原線 測量野帳 林道寺野浅間線 林道六田沢栃木線 林道上新戸黒淵線 弓張山 城山 阿寺の浅間山 山の本 京丸山 美貞山 テント泊 富士見岩 山道看板物語 東山 宮路山 鳳来寺山 瑠璃山 ミハリ山 吉祥山 阿寺の七滝 鉛山 雨生山 金山 葦毛湿原 坊ヶ峰 石巻山 観音山 iPhone4s 稲荷社 五井山 明神山 扇山林道 奥山林道 尉ヶ峰 芦林道 尾村山 茶臼山 聖山 小山 右善坊山

QR

楽天市場
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
軽登山で使えるアイテムが多数
ブロードバンドプロバイダ料金比較
リンクシェア・ジャパン


ヤマレコ

3ライン運動 賛同してます。

がんばろう日本