げんたの外遊び週報

外遊び(低山ハイク・キャンプ・ドライブ 他)や車いじりを中心に紹介していきます。

山道看板物語(1)

今号のたらめ情報、とても興味深い内容だったので、転載させて頂きます。

田原里山の旅 大山編の編集会議で「地名や岩の名前、史実と違うの
は如何か?」と、葉山茂生さんから指摘をうけ、やむなく《マップ等の表示
史実と異なるのもあり、諒承下さい》の断わり文を入れることで公共出版物
としての体裁を整えましたが、既刊、衣笠編とて同様のケースがありました。
でも、私的の発刊書籍なら許されるー。というのが葉山さんの見解でした。しかし
《百年桜新道》みたいにたらめ会ご当人が製造直売の物件の場合話は別です。
勝手に名前つけて看板つけたもん勝ちです。でもその分物件(コース等)が劣悪になら
んよう責任もって維持管理せんとわらわれます。ブランド品なら尚さらです。
関連して以前、椿実治郎君から「地名、岩の名称等の故事来歴知りたい。今の
うちに書き残しといてくれん。」という注文がありました。そうだ、俺れもボケとる閑
はない書くか・・・と思いたったが吉日、渥美半島のこれまでに公表された山や岩、そ
れと山道の名称、古い順にひとつひとつ爼上にして吟味していきます。題して、
《山道看板物語》(これから先、登場する人の名称を略させてもらいます)

(1)ー中西山ー
話は今から50年前に遡る。昭和32年、山内勇と俺れは中西駛夫に
誘われ、立山、剣に地下足袋で登り、山にとりつかれます。3人はすぐ《蔵王山岳
会》をたちあげ、滝頭山周辺の山道をハイキング道に設定、観光協会の諒
承を得て看板を設置、滝頭山の西のピークを《中西山》と命名しました。初代会
長の中西駛夫の名を残そうという誠に単純極わまる発想でしたが、それがその
まゝ登山雑誌山と渓谷に掲載されるというハプニングもあり、今では誰ひとり疑
うことのない山の名に定着しました。その他、仁崎峠の西のピークを《池見平》として看板
立てましたが、今は樹が大きくなって池なぞ見えませんので自然消滅した地名です。


img_0663.jpg

(たらめ情報 No.192より転載 原文のまま たらめ会事務局より了承済み)
スポンサーサイト

« 山道看板物語(2)|Top|2012/9/16 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genta32.blog28.fc2.com/tb.php/155-498357da

Top

HOME

げんた

Author:げんた
写真で綴る、げんたの外遊び。

ソロ時々グループで活動中。
毎日更新は無理なんで
週報とさせて頂きます。

ホームページ(低山ハイク)
のブログ化完了。

Instagram
ブログパーツはInstaWidgetを 使用しています。 @genta32

TweetsWind

> tags
カングー バス釣り 嵩山 神石山 三角点 湖西連峰 すり鉢山 七つ山 七つ山自然歩道 たらめ会 コトギス 衣笠自然歩道 オオトギス 衣笠山 鬼堕ロングトレイル 大山 山野草 稲荷山 ミツバツツジ 赤松山 滝頭山 浜松観音山 藤尾山 赤羽根西山 西日山 猿田山 猿投山 林道衣笠線 長興寺自然歩道 長興寺山 中西山 不動岳 御堂山 砥神山 物見山 タコウド 雨乞山 石巻遊歩会 庄十山 遠見山 本宮山 蔵王山 笠山 平尾山 小衣笠 潮海山 御岳山 神野山 御園富士 ランクル 観音の腰掛岩 フローター 岩岳 トップウォーター 狼煙山 立ベボウ一本つつじ山 風切山 横溝正史 樹木 富幕山 稲美会 シデコブシ 黒河湿地 iPhone5c 国道 藤七原湿地 三河湾スカイライン 自転車 ポタリング 803ピーク ジムニー 林道山の田線 林道舟着山線 舟着山 林道長坂上田原坂線 林道千両線 林道石原河原線 林道助沢線 測量野帳 林道上新戸黒淵線 林道六田沢栃木線 阿寺の浅間山 城山 林道寺野浅間線 弓張山 山の本 京丸山 テント泊 富士見岩 美貞山 山道看板物語 東山 宮路山 瑠璃山 鳳来寺山 ミハリ山 吉祥山 鉛山 阿寺の七滝 雨生山 金山 葦毛湿原 坊ヶ峰 石巻山 観音山 iPhone4s 稲荷社 五井山 明神山 奥山林道 扇山林道 尉ヶ峰 芦林道 尾村山 茶臼山 聖山 小山 右善坊山

QR

楽天市場
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
軽登山で使えるアイテムが多数
ブロードバンドプロバイダ料金比較
リンクシェア・ジャパン


ヤマレコ

3ライン運動 賛同してます。

がんばろう日本