げんたの外遊び週報

外遊び(低山ハイク・キャンプ・ドライブ 他)や車いじりを中心に紹介していきます。

東三河の山々に魅せられて

今回は図書館で借りてきた本を紹介したいと思います。

「東三河の山々に魅せられて 峯野元孝」

新城生まれの著者は、なんと衣笠山を最初に紹介しています。今まで色んなガイドブック的な
山の本を見てきたが、田原の山々が冒頭に紹介されているのは、この本が初めてです。
数々の歴史文献と照らしあわせての山行紹介は、興味深い内容になっています。山行自体も
10数年前で比較的新しいと思います。

稲荷山・藤尾山のところで気になる内容がありました。

「神社にお参りして、左に進むと登山道に出る。登ると五分程で稜線に着く(稲荷山山頂
六七メートル)と蔵王山が正面に見える。丸太製のベンチがあり、登山道の近くの木に名
札が付けてあり、金木犀【きんもくせい】、榎【えのき】、欅【けやき】、椎の木、金蘭
【きんらん】、銀蘭【ぎんらん】、甘野老【あまどころ】、などが見られる......」


著者の山行が2000年12月27日。当然ながら、冬にキンラン・ギンラン・アマドコロなどが開花して
いるはずがありません。名札=看板(?)はその辺りに分布する花木が書いてあったのか?それとも
実物に名札のように、付けられていたのか?

早速、この辺りの山に詳しい生き字引・たらめ会事務局さんとY氏に聞いてみました。
稲荷山の稜線でキンラン・ギンラン・アマドコロは見たことがない。
・という事は名札のようなものを付けたこともないし、看板も建てたこともない。
・Y氏によるとアマドコロは、稲荷山北斜面にある学習の森で見たことがあるとのこと。
・事務局さん曰く、著者が藤七原湿地の(花木開花時期の)看板と間違えているのでは?
・平成3年頃、たらめ会で山野草ガイドブックを作成していたので確認したところ、書いてありました。
 山野草分布図の稲荷山の場所にはキンラン・ギンランと。当の本人は、その頃はチゴユリ・アマドコロ
 が見分けが付く山野草で、まだまだ知らない花が多かったとのこと。おそらく、花の先生がガイドと
 して付いていたそうですが、先生の言うとおりにガイドブックも編集してたかもしれません。

今は稲荷山では見たことのないキンラン・ギンラン。来年はコチラでも探してみるかな?

IMG_1203_th.jpg
スポンサーサイト

« 続・GARMIN nuvi1360で試行錯誤|Top|2013/5/25 愛知・清田池〜臍岩(へそいわ) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genta32.blog28.fc2.com/tb.php/233-f5e54047

Top

HOME

げんた

Author:げんた
写真で綴る、げんたの外遊び。

ソロ時々グループで活動中。
毎日更新は無理なんで
週報とさせて頂きます。

ホームページ(低山ハイク)
のブログ化完了。

Instagram
ブログパーツはInstaWidgetを 使用しています。 @genta32

> tags
おむすび岩 ヤマレコ たらめ会 衣笠山 三角点 小衣笠 滝頭山 山野草 赤松山 中西山 長興寺山 衣笠自然歩道 鬼堕ロングトレイル 川合富士 蔵王山 砥神山 御堂山 五井山 西蔵 ミツバツツジ 赤羽根西山 大山 自転車 猿田山 西日山 雨乞山 タコウド 観音の腰掛岩 尉ヶ峰 不動岳 神石山 船形山 湖西連峰 バス釣り 林道衣笠線 七つ山 オオトギス 七つ山自然歩道 コトギス すり鉢山 猿投山 カングー 嵩山 稲荷山 浜松観音山 藤尾山 長興寺自然歩道 物見山 石巻遊歩会 庄十山 遠見山 本宮山 笠山 平尾山 潮海山 神野山 御岳山 御園富士 ランクル フローター 岩岳 トップウォーター 狼煙山 立ベボウ一本つつじ山 風切山 横溝正史 樹木 富幕山 稲美会 シデコブシ 黒河湿地 藤七原湿地 iPhone5c 国道 三河湾スカイライン ポタリング 803ピーク ジムニー 林道舟着山線 林道山の田線 舟着山 林道長坂上田原坂線 林道石原河原線 林道助沢線 林道千両線 測量野帳 弓張山 阿寺の浅間山 城山 林道六田沢栃木線 林道寺野浅間線 林道上新戸黒淵線 山の本 京丸山 美貞山 富士見岩 テント泊 山道看板物語 東山 宮路山 鳳来寺山 瑠璃山 ミハリ山 吉祥山 鉛山 阿寺の七滝 金山 雨生山 葦毛湿原 坊ヶ峰 石巻山 観音山 iPhone4s 稲荷社 明神山 奥山林道 扇山林道 芦林道 尾村山 茶臼山 聖山 小山 右善坊山

QR

楽天市場
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
軽登山で使えるアイテムが多数
ブロードバンドプロバイダ料金比較
リンクシェア・ジャパン


ヤマレコ

3ライン運動 賛同してます。

がんばろう日本